お薦め

ペットオーナーにおすすめする総合栄養食

「デブ猫」「デブ犬」などの言葉が流行りました。
太っている動物というのは、まるまるとして可愛らしいですよね。

しかし、健康面から考えると、
太っていることは決していいものではありません。
人間と同じです。
メタボリックシンドロームという言葉がありますが、
肥満が様々な病気を引き起こすため、腹囲を目安とし、
適正なボディラインを維持しようとしているのです。

犬の肥満には、特に明確な基準はありません。
だからこそ、飼い主がきちんと、
「肥満か、そうでないか」を見極める必要があるのです。

「うちの犬、もしかしたら肥満かもしれない」
そう思う方は、さっそく対策をしてみましょう。
一番早いのは、食事内容を改善することです。

まず、普段犬にどのような食事を与えているのかを振り返ってみましょう。
人間が食べるものを、犬にも与えていませんか?
少量であれば、特に問題ありません。
しかし、人間の食べ残しをたっぷりと犬に与えている場合などは要注意。
余分なカロリーや、油脂を摂取してしまい、それが肥満につながります。

犬の健康にとって最も望ましい食事内容は、
総合栄養食品である餌を与えることです。
ペレットを利用している人は多いと思いますが、
パッケージに総合栄養食品である旨が掲載されているものを選びましょう。
愛犬の年齢に合わせたドッグフードの選び方はこちらを参考にしてください。
総合栄養食品は、それと水を与えるだけで、
犬の栄養をすべてカバーすることができるように作られています。
なので、一番ラクに、犬の栄養を管理することができるというわけです。

もちろん、毎日同じものしか食べさせないのでは可哀想、
ということであれば、おやつのようなものを与えても問題ありません。

ただし、その場合はごく少量にしましょう。
人間の食べ物や、油や砂糖の多いおやつを与えると、犬は喜びます。
その喜ぶ姿が見たくて、ついつい過剰に与えてしまいたくなるかもしれません。
しかし、犬の本当の幸せは、大好きな飼い主と長く健康に暮らすこと。
自分の愛犬に長生きしてもらいたいと思うのはみなさん同じだとおもいます。
愛犬といつまでもいるため餌であるドッグフードについての知識をしっかり身に着ける必要があります。無添加やたんぱく質が豊富なドッグフードを選ぶのが良いそうです。