お薦め

動物病院がおすすめする食事療法食

犬が病院を訪れる理由のひとつに、
「アレルギー症状が出ているから」というものがあります。
人間と比較しても、犬のアレルギーというものは頻度が高いのです。

なぜアレルギー症状が出やすいのでしょうか。
それは、ドッグフードの品質に由来していると言われています。
人間の食事は、食品衛生法で細かな規定がされているため、
アレルギー症状を引き出しやすい物質は含まれていません。
しかし、ドッグフードについては、まだまだ規定が緩いのが現状。
特に、価格が極端に安いものなどには、
犬や猫の肉骨粉が使われている可能性すらあるのです。

肉骨粉というと、牛のイメージが強いかもしれません。
以前、狂牛病の問題が起こり、強い規制が敷かれるようになったからですね。
ですが、犬や猫の肉骨粉をドッグフードに混入することは、
法的に規制されているわけではありません。
きちんとした食用の肉を混入するよりも安く製造できるため、
未だに取り入れられているのです。

この肉骨粉も、アレルギー症状を引き出しやすい物質のひとつです。
もちろん、ドッグフード自体がよくないというわけではありません。
犬にとって良いものを正しく選べば、
過不足のない栄養補給ができるという、
ドッグフードならではのメリットがあるからです。

なので、普段の食事はドッグフード、なんらかのアレルギー症状が出るようだったら、
手作り食に変えてみるといった対応をするとよいでしょう。
手作り食にすると、犬の食事に何が入っているのかがわかります。
毎日いろいろな食事を作ってみて、アレルギー物質を特定してあげると良いでしょう。

自分でいちから作るのが大変という場合は、
低アレルギーと書かれているドッグフードを使用することもおすすめです。
通常のドッグフードよりも若干値段は上がりますが、
このようなものは原材料も比較的犬にやさしいものが使われているようです。

犬は大切な家族です。
ドッグフードを選ぶことに、お金と手間を惜しまないようにしたいものですね。

こちらには愛猫のためのキャットフードの選び方が載っています。
猫ちゃんを飼っている方必見のサイトです。