お薦め

食事にこだわる小型犬のために

ひとくちに「犬の食事」といっても、
大型犬と小型犬では、内容に違いがあります。
もちろん、身体の大きさが違うため、食べる量には大きな差があります。
しかし、それだけではありません。
小型犬には、小型犬に適した食事内容があるのです。

【体重あたりの必要栄養量は大型犬より多い】

小型犬は小さいですが、
体重と比較して身体の表面積の割合が大きいのが特徴です。
そのため、体重5キロの小型犬の餌の量は、
15キロの犬の3分の1でいいかというと、そうではないのです。
栄養素摂取量が不足しないように、しっかりめにあげるようにしましょう。

【1度に食べられる量が少ない】

小型犬は、身体が小さい割に必要とする栄養量は多いということを先に述べましたが、
口や胃袋が小さいため、1度にたくさんの量を食べることができません。
そのため、大型犬と同じドッグフードを与えていては、
エネルギーやその他栄養素が十分にとれないまま、お腹がいっぱいになってしまう可能性があります。
十分な栄養量を確保するためには、小型犬専用のドッグフードを与えると良いでしょう。
ペレットの粒が小さく、栄養がぎゅっと凝縮しているのが特徴です。
愛犬がドッグフードを食べてくれないという場合、考えられる原因がいくつかあります。
その中でも該当しやすいのは、飼い主がおやつをあげすぎていたり人間食を与えてしまったことです。
犬は一度おいしい味を覚えるとドッグフードを食べなくなることが多いようです。
なので、欲しがっているからと甘やかしすぎはやめましょう。

【室内で飼育している場合はエネルギー過剰に注意】

エネルギーを十分に摂取する必要があるという説明をしましたが、
エネルギーの摂りすぎは肥満のもとになるので注意する必要があります。
特に小型犬は室内で飼っている場合が多いですね。
室内飼育の場合は、外での散歩をしない場合が多く、
どうしても運動量が少なくなってしまうので、その分消費カロリーも少ない傾向にあります。
ドッグフードの中には、高タンパク質でありながら、
低カロリータイプのものもありますから、そういったものを選ぶと良いでしょう。

犬は、大きさや年齢により、必要な栄養量と食事の摂り方が変わってきます。
あまり神経質になりすぎる必要はありませんが、
できる範囲で対応してあげることで、順調な成長を促すことができるでしょう。
こちらに犬種や年齢、健康状態で選ぶドッグフードが載っていますのでご覧ください。